« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月 8日 (日)

映画 『水の中のナイフ』

監督:ロマン・ポランスキー、脚本:イエジー・スコリモフスキ、ロマン・ポランスキー、撮影:イエジー・リップマン、音楽:クリシトフ・コメダ、1962年、94分、モノクロ、ポーランド語、原題:Nóż w wodzie

アンジェイ(レオン・ニェムチク)と妻クルィスティナ(ヨランタ・ウメツカ)は、湖でヨットを浮かべて休暇を過ごすため、車を走らせている。
しばらく行くと、青年(ジグムント・マラノウッツ)が前に立ちふさがり、注意したものの、車に乗せる。青年はヒッチハイクしていた。
湖に着くと、夫婦は自家用のヨットを出す準備をするが、アンジェイの招きで、青年はいっしょにヨットに乗り込む。……

ポーランド出身のロマン・ポランスキーによる、28歳にして初めての映画作品だ。

ポランスキーといえば、妻のシャロン・テート殺害事件で有名になったが、『ローズマリーの赤ちゃん』『チャイナタウン』『戦場のピアニスト』で知られる鬼才だ。

タイトルにあるように、ナイフは出てくるが、途中で海に落とされてしまう。それでも、そこまでにときどき出てくる青年の持ち物である一本のナイフは、道具としてのナイフを超え、象徴的な意味をもたされている。

映画全体の印象としては、若い監督の作品によくあるように、低予算でありダイナミックな展開があるわけではない。この作品も、画面上ではひたすら淡々と話が進むため、ダイナミックな展開を期待していると、裏切られるかもしれない。

やや倦怠期にあるような夫婦は、妻のほうが若く、豊満な肢体をもつ。夫の仕事などは一切語られないが、ある程度の社会的地位と財産があるようだ。
一方、ヒッチハイクの青年は、その名前も出てこず、アンジェイにガキなどとも呼ばれるが、そこまで子供ではなく、といって大人になりきっている年齢でもない。一度、19歳というセリフが聞かれる。

夫は、帰ろうとする青年を、無理やり誘い、自慢のヨットに乗せた。カネのない若造に、いいとこを見せてやろうというくらいの気持ちがあったからだろう。だから、ヨットの操舵に素人の青年に、ああしろこうしろと、船長よろしく命令する。

青年は、命令されるのを不愉快に思いながらも、それに従い、そのうちヨット乗りも楽しいと思うようになる。その間、妻の作る料理を楽しんだりし、妻はひとり泳いでワニの形をした浮き輪と戯れている。
ヨットが浅瀬に乗り上げて動かなくなったその日の晩も、船底のへやで、三人で子供じみたゲームなどをして楽しむ。

あすは5時に起きようと言って、目覚まし時計をセットしたものの、その前にすでに妻は起きて甲板でタバコを吸い、そこに青年も起きてくるが、あとから起きてきた夫に甲板掃除を命令され、掃除しているうちに、ちょっとした口論から、青年は水の中に落とされてしまう。

責任を感じて青年を探しに湖に飛び込んだ夫は帰らず、それをブイの陰で見ていた青年はヨットに泳ぎ着く。泳げないと言っていた青年は、泳げたのだった。妻はそれを知り、ヨットに上がってきた青年にビンタを加えるが、その直後、青年と妻は…。

この映画は、大人の男と青年との対比を描いているのだろう。そう見るならわかりやすい。
ヒッチハイクをしている青年がナイフを持っていてもおかしくない。実際、森のなかでは役に立つんだ、というセリフもある。


青年が大人に刃向かうとき、文字通り、このナイフを持つことでバランスがとれる。権力、財産、社会的地位、…そうしたものをもつ大人の男に対して、それらの何もない貧乏な青年は、ナイフをもつ。このことは象徴的だ。

アンジェイは、そうしたものをすでに手に入れている壮年の男だ。だから、ナイフのかわりに、高級車や自家用ヨットを持つ。
だが、船上という閉じられた空間で三人しかいないのでは、青年の所有するナイフは不気味であり、5時前に起きた時、夫は、テーブルにあった青年のナイフを、自分の着るガウンのポケットにしまって甲板に上がり、青年に掃除を命令する。
まさに、そのとき、青年がナイフを返してくれと言ったことから、揉み合いになるのだ。

妻は、熟年の夫であっても、その実、小心さや意気地のなさ、そのかわり、それを隠そうとして高慢にふるまうような態度に辟易している。
それは、ファーストシーンで、車を交互に運転する夫婦のツーショットからも、はっきりわかる。
夫と青年の間にあって、夫の身勝手さをなじりながら、青年にはその幼さを指摘する。ただ、夫がいなくなったところで、青年とは過ちを犯す。

音楽にはサスペンス調のジャズが使われるが、ヨットでの週末の休暇という図式でありながら、雰囲気として決して陽気なものではなく、どこか常に不安やサスペンス感を漂わせるこの作品に、よくマッチしている。

ある船乗りの話が、途切れ途切れに出てくる。酒瓶を割って床に飛び散った破片の上を、誤って踏んでしまったという。ところがその男の足は皮が厚かったので、足裏にはけがをしなかった。それどころか、これは実は俺の芸のひとつでわざとやったんだと言ったという。
このエピソード風の話は、夫の心理や性格と並行して時折出てくる。

この映画には無駄がない。映像もシャープであり、いろいろな苦労も想像できる。映像のあちこちに出てくる「尖った物」が、この映画をまさにシャープなものにしている。編集もうまいが、何より、フレームを切り取り方がいい。この映画も、どんな教科書より、カメラの勉強をするにはもってこいである。

後の、ポランスキー特有のサスペンスタッチではあるが人間ドラマである、という個性が、すでに萌芽として見られる作品だ。

2017年1月 7日 (土)

映画 『顔のない眼』

 監督:ジョルジュ・フランジュ、主演:ピエール・ブラッスール、アリダ・ヴァリ、エディット・スコブ、1959年、88分、フランス映画、モノクロ、原題:LES YEUX SANS VISAGE
 
医師ジェネシエ(ピエール・ブラッスール)は皮膚移植の権威であるが、交通事故で、顔の両目以外の部分を損傷した娘クリスチアヌ(エディット・スコブ)のために、同い年くらいの同じような容貌の娘を、助手のルイーズ(アリダ・ヴァリ)に誘拐させては、自宅に連れて来させ、地下にある手術室で、ルイーズとともに、クリスチアヌに移植手術を施す。
 
この2回目の手術でクリスチアヌは美しい素顔を見せるが、それも実は失敗したことがわかると、二人は第三の犠牲者を探すことにする。……
 
ホラー映画監督の黒沢清が賞賛するように、まさにフランスでヌーベル・ヴァーグがもてはやされていた同時期に、実はこんな作品がひっそりと生まれていたことは注目されてよい。このささやかな作品は、その後、サスペンスやホラーなどのジャンルに、大きな影響を与えたからだ。
 
白黒であるから、ライティングと影をうまく使うのは当然と言えるが、ストーリーの展開も一定の速度を保ち、省けるところは省くなど、シーンやセリフも最低限となっていて見やすくなっている。
 
顔の移植というと安倍公房の『他人の顔』を思い出すが、それと違い、この映画には、顔に関する自我との葛藤などという哲学的課題は出てこない。
もっぱら、失った娘の顔を取り戻そうとする父親の執着心と、それを受動的に受け入れながらも自家撞着に陥る娘本人の物語としてのみ描かれている。
 
手術台で眠らされている被害者の顔に、鉛筆で剥がす線を書き入れたり、メスで皮膚を切って鉗子で押さえ、その後それを剥がすシーンまで入るが、それほど生々しさが感じられず、手術シーンも二体目のこのシーンだけである。
 
クリスチアヌは登場しても、初めは後ろ姿だけしか映さない。ルイーズが持ってきた仮面をかぶると、ようやく顔が映される。まるで『犬神家の一族』の助清のようであるが、こちらは少女であり、仮面の姿そのものもかわいらしく美しくみえてしまう。
 
手術のあと素顔を表わすが、もともとそのような容姿の少女のせいか、仮面をつけていたときと全く同じ顔である。目の大きなかわいらしい顔つきではあるが、黙っているとそのかわいらしさは、どこかまた不気味である。
 
クリスチアヌが自宅の大きな屋敷の階段や地下の通路を歩くときなど、大きな空間や高い天井に対して、仮面をつけたクリスチアヌが、はかない存在に感じられ、痛々しくもあり不気味でもあり、あるいはまた、いとおしくもあり、これらクリスチアヌの無言のシーンは、サスペンス・ホラーというより、実に芸術性が高い。
 
ジェネシエが行なっていることは、所詮犯罪であり、結果的には帳尻を合わせて終わるが、クリスチアヌだけは生き残る。
 
クリスチアヌは手術するたびに失敗することで落胆していたが、やがては、よその娘を犠牲にしてまで手術を受けることじたいに嫌気がさし、最後は、父親の手先となっているルイーズを殺してしまう。
地下に飼っている何頭もの愛犬を檻から出すと、犬たちは、ちょうど帰宅した父ジェヌシエを襲って噛みつく。
クリスチアヌは、犬たちとともに飼われていた白い鳩も放す。父親が横たわるわきを、平然と真っ暗な木々のほうへ向かってさまよい歩く。周囲には鳥たちが飛び交っている。
このラストシーンは、物悲しいと同時に、映画ならではのメルヘンであり、サスペンス調の映画のラストシーンとしては異色である。こういうラストはあまり見たことがない。
 
当時『リラの門』などで有名なフランス映画界の重鎮ピエール・ブラッスールに加え、ルイーズ役のアリダ・ヴァリは『第三の男』で有名であり、『カサンドラ・クロス』にも老眼鏡をかけた老婦人の役で出ていた。
 
クリスチアヌ役のエディット・スコブという女優は初めて見たが、今なお現役のようである。とにかく彼女は愛らしくかわいい。美人系統ではないかもしれないが、目が大きく青く、全体にほっそりと小作りで、この女優なくしては、この映画は成立しなかっただろう。
 
実際、この子の顔をテーマとした映画だからである。この容姿の娘で、自分が皮膚移植の専門医なら、やってみたくなるという気がする。
 
顔の移植にまつわるサスペンス調の映画でありながら、常に三拍子のBGMも手伝ってか、観終わっても、どこかすがすがしささえ感じる異色作だ。
538005_393959354026717_698590926_n


2017年1月 4日 (水)

好きな映画一覧

<作品名>(平成29年1月4日更新)



『死刑台のエレベーター』『ディーバ』『カサブランカ』『望郷』『モロッコ』『街の灯』『メトロポリス』『M』『靴みがき』『自転車泥棒』『道』『鉄道員』『赤い風船/白い馬』『紅塵』『ローラ殺人事件』『アスファルト・ジャングル』『イヴの総て』『汚れた顔の天使』『窓』『ナイアガラ』『紳士は金髪がお好き』『深夜の告白』『『呪いの血』『私は殺される』『拾った女』『荒馬と女』『十二人の怒れる男』『第三の男』『必死の逃亡者』『陽のあたる場所』『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『去年マリエンバートで』『顔のない眼』『めまい』『サイコ』『北北西に進路をとれ』『鳥』『裸足の伯爵夫人』『穴』『非情の罠』『2001年 宇宙の旅』『マドモアゼル』『クリスマス・ツリー』『特攻大作戦』『水の中のナイフ』『帰らざる夜明け』『レマゲン鉄橋』『チャイコフスキー』『大地震』『カサンドラ・クロス』『ベニスに死す』『ラ・パロマ』『シャイニング』『ストリート・オブ・ファイヤー』『激突』『π』『普通の人々』『殺しのドレス』『レオン』『ミツバチのささやき』『マリリンとアインシュタイン』『チャイナタウン』『マルホランド・ドライブ』『青いドレスの女』『ミスト』『天使』『ラルジャン』『遊星からの物体X』『トワイライトゾーン』『暴走機関車』『サン★ロレンツォの夜』『ボーイズ・ライフ』『評決』『キャビン・フィーバー』『刑事ジョン・ブック/目撃者』『ミザリー』『氷の微笑』『ステイ』『隠された記憶』『ファイナル・デスティネーション』『白いリボン』『倫敦から来た男』『テキサス・チェーンソー』『ゆりかごを揺らす手』『レミング』『不眠症 オリジナル版インソムニア』『ヒート』『THE WAVE  ウェイヴ』『エクスペンダブルズ1・2』『コロンビアーナ』『アンチクライスト』『メランコリア』『引き裂かれた女』『メカニック』『わたしを離さないで』『ドラゴン・タトゥーの女』『偽りなき者』『危険なプロット』『鑑定士と顔のない依頼人』『悪童日記』『トラ・トラ・トラ!』『安城家の舞踏会』『日本のいちばん長い日』『明治一代女』『どぶ』『にごりえ』『羅生門』『歌行燈』『祇園囃子』『悪い奴ほどよく眠る』『天国と地獄』『剣』『白い巨塔』『浮雲』『女が階段を上る時』『鍵』『悪名』『女系家族』『長崎ブルース』『約束』『鬼の棲む館』『飢餓海峡』『人間の條件』『戦争と人間』『少年時代』『仁義なき戦い』『華麗なる一族』『鬼畜』『復讐するは我にあり』『砂の器』『新幹線大爆破』『県警対組織暴力』『人妻集団暴行致死事件』『泥の河』『AKIRA』『ツィゴイネルワイゼン』『家族ゲーム』『鬼龍院花子の生涯』『犬神家の一族』『マルサの女』『疑惑』『極道の妻たち』『TOMORROW  明日』『天城越え』『渚のシンドバッド』『顔』『CURE』『失楽園』『MEMORIES』『青の炎』『トウキョウソナタ』『カミュなんて知らない』『男たちの大和/YAMATO』『女はバス亭で服を着替えた』『明日の記憶』『象の背中』『ライフ』『宮城野』『白夜行』『冷たい熱帯魚』『一枚のハガキ』『11.25 自決の日』『パレード』『はやぶさ 遙かなる帰還』『桐島、部活やめるってよ』『渋谷』『SHORT PEACE ショート・ピース』『迷宮物語』『言の葉の庭』『共喰い』『そこのみにて光輝く』・・・など。




« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »