« アニメ・コミック・評価・備忘録 (平成28年12月12日) | トップページ | 好きな映画一覧 »

2016年12月14日 (水)

映画 『にごりえ』


監督:今井正、原作:樋口一葉〔1872(明治5年)~1896年(明治29年)〕、脚本:水木洋子、井手俊郎、主演:第一話・丹阿弥谷津子、第二話・久我美子、第三話・淡島千景、1953年、130分、モノクロ、第一話・約31分、第二話・約36分、第三話・約63分。
 
樋口一葉は、五千円札に描かれた女流作家である。とはいえ、24歳で結核により他界している。
これは、明治期の小説家・樋口一葉の短編小説を三本合わせたオムニバス映画である。ほとんど、原作に忠実と言われている。
一葉の見た明治のこの時代における、若い女たちの悲しい物語である。
 
映像は、内容を自然にそのままを描いているものの、毅然とした姿勢で撮られており、定点長回し、モンタージュ手法、クローズアップ、スポットライトなど、映画の基本的技術ばかりでありながら、こうも神々しい絵ができあがるものかと驚嘆する。
 
それぞれの話に、それぞれに薄幸な娘が出てくる。
 
第一話。
身分の高い男のもとに嫁いだ女・せき(丹阿弥谷津子)が、夫に身分の低さをはじめ、いろいろと蔑みを受けるので、耐えきれなくなって実家に戻ってくる。最後は両親に説得されて戻るのであるが、夜道だからと人力車を拾うと、その男は幼なじみであった。車を止めて、他愛のない話をしたのち、男は車を引いて去り、女は歩いて別れる。
 
第二話。
料理屋に奉公している娘・みね(久我美子)は、伯父夫婦から、大晦日までに返さなければならない金があるから、何とかならないかと頼まれる。大晦日まで言い出せず、当日も忙しいあまりに女主人に言い出せないところへ、勘当同様の先妻の道楽息子が帰ってくる。金をせびりにきたのだったが、両親から大枚を無心すると、帰っていく。
たまたま、女主人がある業者から取り立てた金を、掛け硯(かけすずり)にしまったのはみねであり、こっそりそこから二円を盗ってしまった。
しかし、あとでその掛け硯の抽斗を開けると、一切の金がなくなっており、息子の文字で、ここにあるものももらっていく、という手紙が入れてあった。
みねが二円を失敬したことは、誰にも知られなかった。
 
第三話。
遊郭で働くお力(おりき、淡島千景)は、その店一番の美貌と客あしらいで知られていた。そこへある晩、きちんとした身なりの男が現れる。何度か男が足を運ぶうちに、お力はその男に思いを寄せるが、ある夜、身の上話をする。
女郎のお力にも、かつて好き合った男がいて、いまは別れていた。だが、男のほうは、ときどきお力に会いに、その店の前に現れるのであった。お力にはすでにうっとうしい存在であった。
その男は、妻子がありながら、甲斐性もなく、働きもせず、女房になじられる日々が続いていた。夫婦喧嘩の末、女房は小さな男の子を連れて、そこを出ていく。
 
三話のあらすじはこういったところである。
 
これら儚くも悲しい、若い娘たちの日常のありさまや苦労が、映像になることで、文字以上に見るだによくわかる。
三つの話に共通するのは、背景に身分の違いが鮮明に描かれているところだ。
 
明治という時代の底辺には、たくましくけなげに生きる貧しい女たちがたくさんいた。一葉の日記風に綴られた小説は、みごとに映像に置き換えられている。
 
内容はそれとしても、映画としての品格を失わず、話にむだもなく、流れるようなカメラと演出がある。いまだに、邦画の代表作に数えられるのも当然かと思う。
 
しかし、やはり、悲しい物語には違いない。
 
第三話で、お力の回想シーンがある。
貧乏な家の娘であるお力は、寒い晩に、お金をもらって、おかずを買いに行く。そのおかずといっても、おからである。
小さなカゴにおからを抱いて帰る途中、雪道で転んでしまう。少女は、雪と泥のなかに散らばったおからを、両手で掬ってカゴに戻す。
しかし、もうそれは食べられず、その場に立ちすくんで泣きじゃくる。そこへ、母親が迎えにくる。
 
この一連のシーンにセリフはない。転んでおからをカゴに戻す少女の姿と、その泣き顔のアップだけである。
このシーンは、全く何でもないように見えて、実に悲しいシーンだ。
 
これでもかこれでもかという不運の末に、なりたくもないのになってしまったのが女郎だった、というわけである。おまけに、最後は心中するのだ。
 
出演者でわかるとおり、その後有名になる俳優が、たくさん出ている。そういう俳優たちの若い頃を見られるのも楽しい。


 
※ YouTubeにも、全編アップされています(平成28年12月14日現在)。
Troubled Waters Imai Tadashi, 1953 https://youtu.be/BsSuuE-5SDY @YouTubeさんから


 

« アニメ・コミック・評価・備忘録 (平成28年12月12日) | トップページ | 好きな映画一覧 »

映画」カテゴリの記事