« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

練習機での特攻 (平成28年11月30日)

海陸の特攻では、徐々にまともな戦闘機などもなくなり、セコハンものの航空機を総動員しても間に合わず、ついには練習機として使われていた機体までも使うようになった。
特に最終盤である沖縄特攻では、それが顕著である。練習機だけは、あちらこちらの基地にたくさん残っていたのである。...

練習機は通称「赤とんぼ」(※)と言われる複葉機であった。満洲事変から太平洋戦争に至る間で、複葉機で戦闘したのは、重慶におけるシナ空軍くらいであった。当時、最新鋭機として登場した零式艦上戦闘機が重慶爆撃にも使われた。
(※海軍九三式中間練習機。練習機の多くはオレンジ色で複葉なのでこう呼ばれた。特攻の際は、濃い色に塗り替えた。練習機といえども性能はよかった。)

零戦飛来の噂を聞きつけたシナ軍は、さらに奥地へと逃げ込み、業を煮やした零戦隊は、引き上げると見せかけてUターンし、猛スピードでシナ複葉機を追いかけた。大人と子供の喧嘩であった。まさしく鎧袖一触(がいしゅういっしょく)であった。
シナ軍の複葉機はそれなりの戦闘機であったが、沖縄特攻での複葉機は練習機だったのである。

航空機の練習機は二人乗りで、前席の操縦席に練習生が乗り、後部に教官が乗る。特攻のときは、教官はいらないわけだから、一人で乗った。

かつて「特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会」の読者投稿欄に書いたことがある。秘密特攻基地といわれた万世などは、村人たちも手伝った急場しのぎのでこぼこ滑走路しかなく、そこから使い古した特攻機で沖縄に向けて飛び立った。せめて特攻くらい、整地された最良の滑走路から飛ばせてあげたかったなあ、と。

同協会の会報『特攻』より、「赤とんぼ特攻隊」の記事を転載します。
掲載は平成21年11月号、庭月野英樹という方からの投稿です。
文中の予備練(予備練習生)は、予科練(予科練習生)や飛行科予備学生ではありません。

<嗚呼壮絶「赤トンボ特攻隊」 14期海軍飛行科甲種予備練>

 先の大戦で愛機の胴体の下に爆弾を抱いて、飛行機ごと敵艦船に体当たりの「特攻攻撃」を敢行した戦闘機や攻撃機など、2400余機、3800余人の若人達が、肉親、同胞、祖国を護るために自らの命を捧げました。

 その中に、帆布張り、張り線付き(上翼と下翼の間に数本の張り線があった)、木製プロペラ、二枚羽根の「赤トンボ練習機」が、7機あったのです。終戦の17日前、昭和20年7月29、30日深夜に宮古島基地を飛び立ち、沖縄の敵駆逐艦に見事体当たりをして撃沈しました。

 現代の航空機に搭載されている方向指示器、レーダー、無線通信機、機銃も積んでいない練習機で、月夜とはいえ、目標の見えない太平洋を、250キロもの重い爆弾を積んで、深夜の海を飛んでいきました。

 選抜された優秀な若者達でした。終戦がもう少し早ければこの人達も生き残り、官庁や民間で立派な仕事をしたであろうことを思えば、本当に残念でなりません。戦争は、二度としてはなりません。

 一緒に征くはずだった私は、同期の玉井上飛曹、特乙一期の島内二飛曹と共に、6月20日に千葉県木更津の彩雲特攻隊に転勤、訓練を終えて、8月15日出撃予定でしたが、終戦により生き残りました。たまたま3人は長男でした。

 この特攻隊は、昭和20年5月に台湾の虎尾海軍航空基地で編成されました。それまで私達は、昭和19年4月から沖縄、石垣島で1年間、敵の潜水艦哨戒任務に就いていましたが、951航空隊石垣島派遣隊の二式哨戒機を連合軍の空襲で消失しました。そこで、予備練同期の三村、玉井、小生及び特乙一期の島内二飛曹と一緒に、この特攻隊に編入されました。

 先着組の零戦搭乗員による第一次8機、第二次7機は、いずれも天候その他で、途中の与那国島に不時着、大破して中止となりました。
 第三次は、私達3名が転勤してから7月27日に、三村上飛曹(水偵出身予備練)、庵一飛曹(丙飛6期)、甲飛12期の佐原、川平一飛曹、原一飛曹、近藤一飛曹、松田一飛曹により編成されたとのことです。

 米軍の記録によれば、駆逐艦キャラハンを撃沈、同じくブリシット、カッシングヤング、高速輸送艦ホーレス・A・バスに命中して、損傷を与えたことが報告されています。練習機7機で4隻の敵艦に損傷を与え、250キロ爆弾で1隻を撃沈したのですから、素晴らしい戦果でした。
 
このキャラハンは、特攻に撃沈された最後の米国艦艇だそうです。米軍側にも油断があったようですが、この帆布張り、低速の特攻機は、レーダーが捕捉できず、VT信管の対空砲火も効果がなかったとのことのようです。
このように、帆布張り、張り線付き二枚翼、木製プロペラ、拙劣な計器にも拘わらず、深夜の太平洋を、最後の最後まで、強固な意志で突撃した隊員達の勇気には、深甚の敬意を捧げたいと思います。

(私達予備練14期は、昭和19年4月15日、姫路海軍航空隊の九七艦攻操縦課程修業、即日充員召集、一飛曹に任命され、沖縄海軍航空隊付、19年8月現役編入、19年11月上飛曹、20年3月15日石垣島派遣隊、20年5月台湾虎尾基地龍虎特攻隊、同年6月10日723空彩雲特攻隊。)

2016年11月10日 (木)

映画 『THE WAVE ウェイヴ』

監督:デニス・ガンゼル、主演:ユルゲン・フォーゲル、2008年、108分、ドイツ映画、原題:Die Welle(英=The Wave

『エクスペリメント』などに似た、実験をテーマとした映画。それの高校生版とでもいえる。アメリカで実際に起きた事件をモデルとしドイツで作られた。

高校教師ライナー・ベンガー(ユルゲン・フォーゲル)は、校長から月曜から土曜の一週間の選択実習講義で、「独裁制」をテーマに指導するよう依頼される。

生徒たちにはディスコで踊り狂ったり、ドラッグを使っていたりするような連中もいた。テーマがテーマだけに、解説だけではわかりにくいと感じたライナーは、身をもって独裁をわからせるため、発言するときは立たせたり、自分に敬称をつけてベンガー様と呼ばせたりしながら、独裁の本質について授業を進めていく。


生徒たちは、次第に興味をもち始め、ライナーは三日目から、このクラスの統一感を出すために、全員が白いシャツを着てくることを指示する。

もともと生徒たちに人気のある教師であったため、日を追うごとに、生徒たちもベンガーの個性に憧れ、ベンガーに敬礼したり、みずから挨拶の手振りを考え出したり、クラスのロゴを考え出したりし、ついにクラスは‘Die Welle’(波)という名称までもつようになり、あたかもベンガーを独裁者とする集団が出来上がってしまう。

 

生徒の中には、さまざまな者がいるのも確かで、一日ごとの授業とは別に、それに多かれ少なかれ影響を受けながら、彼らの日常やクラスメートとの人間関係も、少しずつ変化していく。

マルコは水球部の中心メンバーであり、カロというガールフレンドもいるが、カロは白いシャツを着ていく日に赤い服を着ていき、まわりから疎遠にされ、途中からは、Die Welle に反対するポスターも作ることになる。

ティムは裕福な家庭の子であったが友達もなく、ヤクを仲間にあげて友達になり、Die Welleにいることで、ようやく自分の存在意義を見出す。このティムが最も熱狂的に従順となり、ベンガーの警護まですると言い出す。

 

初めの三日ほどは、独裁指導がクラスの団結を増し、よいほうに作用している描写もあり、クラスメート同士の協力や真剣みを増すための特効薬のはたらきをしているのも事実だ。

だが、やがて、独裁的団結の下に、スタンドプレーに走る者や、マルコのように、彼女と独裁のはざまに揺れる者も出てくる。

スポーツに芝居に恋愛に、純情に生きる高校生たちが、いかに容易に、信頼する教師からの洗脳・指導にのりやすいか、また、のめりこみやすいかが、わかりやすく描かれていく。

実際、端緒はこうして、古今東西の独裁体制も築かれていったはずと考えると、テーマの選択として、なかなか類似の映画は現れないだろうし、ドイツ映画であることも興味深い。

何人かの生徒に絞って、ベンガーや仲間との関係を描写したのがよかったし、ベンガーと同じ学校で教師をする妻とのやりとりも活きている。

最後に洗脳指導は解かれるのだが、そのショッキングなラストへと向かって、映画全体が一定のテンポで進んでいく。このテンポがいい。

脚本が丁寧に書かれている。カメラは手持ちが多いが、そんなに疲れない。なぜだかシーンごとの映像にくふうがあり、また、実にきれいである。

2016年11月 7日 (月)

映画 『窓』

監督:テッド・テズラフ(Ted Tetzlaff)、原作:コーネル・ウールリッチ、脚本:メル・ディネリ、撮影:ウィリアム・スタイナー、主演:ボビー・ドリスコル、アーサー・ケネディ、バーバラ・ヘイル、1949年、73分、モノクロ、アメリカ映画、原題:The Window
 
テッド・テズラフは、ヒッチコックの『汚名』などの撮影をしていたが、後に監督になっている。DVDのパッケージにラズラフとあるのはテズラフの間違い。
メル・ディネリは、『らせん階段』(1946年)などの脚本で知られる。
 
販売元はブロードウェイ。埋もれたフィルム・ノワールを発掘し、販売までおこなってくれる会社が出てきたのは、まことにうれしい。
ジュネス企画では、古い白黒の名作を出してくれた。こういう会社は、大事にしなければならない。
それぞれに、そういう需要が大きいということだろう。
 
冒頭に、イソップ物語の「狼と少年」の言い伝えが出る。
少年はいつも、狼が来た、と嘘をついていたので、本当に狼が来たとき、誰も信じてくれなかった、という話だ。
 
トミー少年(ボビー・ドリスコル)は、仲間の子供たちに、出まかせの話をするうち、会話の行きがかり上、2~3日中に引っ越すと、嘘を言ってしまう。それを聞いた近所の人たちが、翌日、引っ越すならここに住みたい人がいるから部屋を見せてくれと訪れてきた。
トミーは両親(アーサー・ケネディ、バーバラ・ヘイル)に叱られる。
 
その晩は暑かったので、トミーは非常階段で寝ることにする。上の階の外に当たるところでうとうとして目が覚めると、わずかな隙間から、その家の中が見えてしまう。そこでトミーは信じられない光景を目の当たりにした。
そのへやの住人、ケラーソン夫妻が、ある男を殺してしまったのだ。
 
翌朝、トミーは両親に話すが、嘘ばかりつくと叱られ、へやを出るなと言われる。
本当のことを黙っていられなくなったトミーは、非常階段から通りに下り、警察に行くが、やはり相手にされない。……
 
このDVDは当たりだ。わずか73分で、大きなテーマがあるわけでもないが、サスペンス映画としては秀逸だ。子供を主役にしたサスペンスであるが、出来はよい。
この程度の素材でも、作る人が作れば、立派な作品になる。
日本のサスペンス映画も見習ってほしい。
 
父役・アーサー・ケネディにしても、母役・バーバラ・ヘイルにしても、トップスターではなくても、このころ準主役級で活躍していた俳優だ。アーサー・ケネディはこの後、『必死の逃亡者』『ミクロの決死圏』などに出演している。バーバラ・ヘイルはこの後、レイモンド・バーと共演で、TVシリーズ「弁護士ペリー・メイソン」にレギュラー出演し、日本でもなじみの顔となった。
 
場所の設定がよかった。
このころのニューヨークの下町によく見られる、一般庶民のアパートが舞台だ。向かい合うアパートにロープを渡して洗濯物を干し、窓の外に非常階段があるおんぼろのアパートが舞台だ。その建物も老朽化しており、トミーたちの遊ぶところは、その建物の内側の空洞のようなところである。この老朽化しているアパートという設定が、このストーリーにはありがたい舞台なのだ。
 
脚本もすぐれている。
トミーが殺しを見たことを、両親も警察も信用しない。しかし、母親に連れられてケラーソンのへやに行くことで、逆にケラーソン夫妻は、トミーに犯行を見られたと確信し、トミーを何とかしなければ、と思い立つ。
 
前半では、トミーの目撃談を誰ひとりとして信用しないという徹底ぶりがある。後半でも、ひとりでいるトミーはケラーソン夫妻に連れ出され追い詰められていくが、三人いっしょに乗り込んだタクシーの運転手も、後部座席で喚くトミーを見て寄ってきた警官も、誰も疑惑をもたない。このあたりも徹底している。
 
つまり、トミーの話が真実であるのを知っているのは、観ているわれわれだけなのだ。それだけに、トミーが追われて屋上に逃げてからのシーンは、緊迫感が増す。
 
殺人を目撃した話はジョージ・サンダース、バーバラ・スタンウィックの『殺人目撃者』があり、子供が目撃するものには、ハリソン・フォード主演の『刑事ジョン・ブック/目撃者』がある。後者は人間讃歌の側面もあり、この映画はむしろ、時代的にも前者に近い。それも、子供を主演にしたフィルム・ノワールだ。
 
カメラは特別なこともなく普通だと思うが、白黒らしい光と影を活かした描写はあるし、トミーの顔を二回に分けてアップにするという撮り方もある。母親に連れられてケラーソンのへやに行ったとき、応対したケラーソンの妻が、坊や、何を見たって言うの?というシーンでは、この女優がカメラを見て話している。カメラ、つまり観客が、トミーの目になっているわけだ。
 
舞台は日常のなかにある場面で、上映時間も長くなく、ラスト近くまで、トミーには全く救いようのない展開で、サスペンスの基本を忠実に実現した、その意味で、背伸びをしない「誠実な」映画だ。
 
ファーストシーンで、街並が映り、トミーのアパートが映り、そのなかの一つの窓がアップされていく。次のシーンで、トミーが壁に隠れて、仲間と遊んでいるシーンとなる。
この、窓への近寄りは、ヒッチコックの『サイコ』(1960年)でマネされている。
1450959_539839839438667_448199512_n


1426747_539839899438661_1487249602_


« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »