« 映画 『言の葉の庭』 | トップページ | 映画 『窓』 »

2016年10月30日 (日)

映画 『飢餓海峡』

監督:内田吐夢(うちだ・とむ)、原作:水上勉、脚色:鈴木尚之、撮影:仲沢半次郎、音楽:冨田勲、主演:三国連太郎、左幸子、伴順三郎、1965年(昭和40年)、183分、モノクロ、東映。

杉戸八重(左幸子)が東京に出て、女郎屋に身を落ち着かせるまでが前半、10年後、八重が舞鶴に犬飼太吉(三國連太郎)を突然訪ねるところからが後半で、映画の時間もほぼ二分される。

自分の一生の恩に、ただただお礼だけを言うために、健気に娼妓の仕事をこなしてきた女、過去を忘れ、新たな人間として生き、自分の故郷の貧しい村や刑余者のために、金銭を惜しみもなく寄付する男、…女は一度でいいから男に会って礼を言いたかった、男は過去に絡む女にはどうしても会いたくなかった、…やがて男はまた、殺人を犯してしまう。

いわゆる逃亡ものであるが、人間心理や人間の業にまで入り込んだ小説を、うまく映像化している。恐山の巫女の祈祷などいくつかのシーンで、ネガにして映す(ソラリゼーション)など、心理描写を演出するのにくふうしている。

全体的にも、16ミリで撮影されたモノクロフィルムを35ミリにブローアップさせる「W106方式」という撮影方式がとられており、古典的作品を映画化したときのようなしっとりした落ち着いた映像ではなく、ザラザラとした映像シーンが多くなっている。これは、時代の不安や人物の焦燥感を表わすのに功を奏している。

ふだんお笑い調の似合う俳優をシリアスに、あるいはシリアスな雰囲気で知られる俳優をお笑いの役に使うというのは、キャスティングとして効果的で、よく使われる手だ。

喜劇役の多い伴淳三郎を、執念の刑事役とし、風見章子をあまりものを言わない犬飼の妻にするなど、効果的である。後半、舞鶴の事件捜査では、まだ若い高倉健が刑事役として出てくる。

それぞれの現地での撮影を中心に、大掛かりなロケも敢行し、ロケ現場もカメラが広くパンし、薄幸な人間たちに対峙する環境や自然も、うまく取り入れている。
特に、東京で働く八重の店の近所で、かなり横に動くシーンがあるが、セットもよく作られている、当時の東京は、こんな風だったのだろう。

大まかなストーリーは上のとおりであるが、3時間の尺をもつのは、付随的なシーンまで、細やかにフィルムに収めており、作りも丁寧だからだ。
東映は一時、長すぎるとして、監督に無断で、短いヴァージョンを作ったが、監督の抗議により、元のままの長さに戻されたという逸話がある。

しかし、この映画全編を観て、くどいほどに観ている者にうったえかけてくるものは、背景に広がる戦後の日本と、そこで何とかしてたくましく生きて行こうとする、社会の底辺にうごめく人間たちの生きざまである。

八重は犬飼の置いていった金で、あこがれの東京に出てくるが、働く場所は、まだアメリカ人やヤクザが闊歩するドヤ街の一杯飲み屋であった。そこを出て、ある女郎屋に世話になるが、初めて訪れたその店で、そこに置いてもらうことになったとき、うれし泣きをする。

荷物を取りに帰り、あす朝にはこちらに来る、と言って去ろうとするときの、おかみのちょっとした言葉がきっかけである。「あ、ちょいと、電車賃あるのかい?」

どんなにあこがれて来た東京でも、結局は大湊でしていたことと同じようなことをしなければならないのに、ここに置いてもらうことができてうれしいんです、と言って泣きじゃくる。
貧乏のどん底で、厄介になる置屋がようやく見つかり、電車賃のことまで気遣ってくれる、・・・八重の気持ちは痛いほどわかる。このシーンは涙を誘う。

八重は、大湊の女郎屋で犬飼と時を過ごすなかで、犬飼の伸びた爪を切ってあげる。行方をくらました犬飼の思い出は、へやで偶然踏んだその親指の爪しかなかった。現金と同じように、その爪を懐紙にくるんで後生大事に持ち続けたのである。
女郎屋の自分のへやで、その金と爪を取り出し、犬飼さんと呼びながら、爪を自分の頬や首に当てて動き回る。この映画唯一の官能のシーンである。

犬飼も貧しい男だった。それでもとにかく生きて行かねばならなかった。後半は嘘つきで傲慢な紳士のように映るが、貧困のルーツは八重と同じである。その八重さえも殺してしまう犬飼は、本当の意味での畜生になってしまった。

犬飼と八重の出会いは、森林軌道の後ろにつながれた客車でであった。そこで八重は、昼飯のおにぎりを頬張るが、その一つを犬飼にやるのである。例のおにぎりのシーンである。八重がなぜそういう親切をしたかといえば、その直前、犬飼の近くにいる婆さんに、タバコをひと箱恵んでやったのを見ていたからである。その婆さんは初め、床に落ちている吸い殻に火をつけようとしていたからだ。タバコも貴重な品であった。
これがまさに、運命の出会いであった。

映画として渾身のできばえである。単に長い作品なのではなく、映画としての楽しさを見せながら、人間の心理の奥底、人間のけなげさ、善悪といったものにまで踏み込んで描き出した重厚な作品となっている。

そして、実に悲しい話でもある。

« 映画 『言の葉の庭』 | トップページ | 映画 『窓』 »

映画」カテゴリの記事