« 新たなサヨクの指南役・岡原正幸 (平成28年7月29日) | トップページ | 映画 『ぼくたちの家族』 »

2016年7月31日 (日)

映画 『残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-』

監督:中村義洋、原作:小野不由美、脚本:鈴木謙一、撮影:沖村志宏、編集:森下博、主演:竹内結子、橋本愛、2016年、107分、松竹

原作は、『屍鬼』を書いた小野不由美、監督は、『予告犯』などの中村義洋、脚本は中村の大学の後輩に当たる鈴木謙一。

「私」〈小松由美子、竹内結子〉は小説家であり、最近、読者からの投書を元にして、サスペンスものを雑誌に連載している。

あるとき、久保さん〈久保亜紗美、橋本愛〉という女子大生からの投書を見て興味をもつ。久保は、新しい賃貸マンションに越してきたが、夜間、勉強中に、隣の寝室から、妙な音を聞こえる、という。それは、あたかも、女性の帯が畳にこすれるような音であると言う。・・・・・・

歴史的背景をたくみに絡ませたホラーものとでも言うのだろうか。血や死体を見るわけではないだけに、純粋に和風の恐怖映画となっている。

たぶんこれも、原作のほうが、つまり、文字の積みかさねのほうが、恐怖を惹起しているのではないかと想像する。あるいは、ストーリーとして、まっすぐに進行しているのだと思う。
ここでも、原作本の脚本化が難しいことを思い知らされる。

怪しげな物音は久保のへやだけではなく、やがて「私」と久保の関心は、マンションのある土地自体に向けられ、その土地に代々住んだ人間の人となりについての情報を集めまわるうち、福岡での炭鉱事故へと歴史を遡る。

びっくりどっきりさせる怖いシーンや不気味なシーンは、それはそれとして映画でなければ表せないものであるにしても、歴史を遡りつつ明らかになる土台部分のストーリー展開が、冒頭以来の小説家と学生の日常という「高さ」と変わらず、均等な幅と奥行きといった重みで語られていくため、途中から飽きがくる。

人物がたくさん出てくるのであるが、それらのしたことも、ほとんど「私」という一人称の語りになり、映画それ自体に立体性がなくおもしろくない。

見方を変えれば、オーソドックスな路線を踏襲した「優等生的展開」に終始するので、映画として落ち着いて観られると言える。

もうひとつ言えることは、カメラが全然外に出ていない。これがこの映画をつまらなくしている主因だ。
久保のマンションは外観を何度も撮られるのに、それ以外のシーンは、ほとんどスタジオ撮影である。

「私」や久保が最後に訪れる「現場」は、圧巻となるシーンのはずだ。そこの描写も貧弱だ。
「現場」を訪れるというセリフがある、タクシーで乗り付ける、福岡某所とテロップが出る、・・・それだけで、この一連の出来事のルーツに当たる部分を描写する「入り」にするには無理がある。
ここは、この映画のクライマックスに当たるのだ。映画として盛り上がっていかないのだ。

竹内結子のいかにも現代の小説家らしい演技はよかった。
住職役で上田耕一が出てくる。この悪役専門で馴染み深い俳優が坊さんの役というのはおもしろい。とても坊主に見えない。

この住職はこの話のキーパーソンでもあり、エンディングで、問題の「絵」とともに映っている。いわくありげな住職として、悪役・上田耕一は適役であった。

この映画は、英文法の点はとれても、英語が話せない優等生を思い出させる。

Zane_02_large

« 新たなサヨクの指南役・岡原正幸 (平成28年7月29日) | トップページ | 映画 『ぼくたちの家族』 »

映画」カテゴリの記事