« 初めてのボクシング観戦 | トップページ | 都知事選、告示 (平成28年7月14日) »

2016年6月29日 (水)

小池百合子・衆議院議員、都知事選出馬表明 (平成28年6月29日)

私の住む豊島区選出の衆議院議員・小池百合子が、都知事選への立候補を表明した。

もともとは比例近畿ブロックにいたが、2005年の衆院選(郵政選挙)の際、刺客候補としてやってきたのである。

いくつかの党を渡り歩いたことでも知られ、外国人が日本国籍をとることには寛容である立場をとることからして、いっとき、移民賛成派ではないのかとして保守側から批判されたこともある。人口減少をつづける日本に、外国人労働者が入ってくることにも賛成であった。
公明党や幸福実現党双方から選挙協力を得たことも事実である。

一方、しつこいほどに資料を調べるなど勉強家の一面もあり、英語のほかアラビア語に堪能なことでも知られ、頭の回転も早い。過去に、環境大臣、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、防衛大臣、自民党総務会長などの要職をこなし、党広報本部長となった。

今度の舛添辞任は、小池にとってかっこうのチャンスと映ったであろう。
自民党内で党三役に就き、厚生労働大臣や文部科学大臣などではなく、防衛大臣を務めた実績も大きい。安倍政権下、大臣在任はわずか二ヶ月ほどであったが、前大臣のリリーフ役を務めると同時に、当時の防衛事務次官・守屋武昌の収賄を暴いたのは、議員である小池の調査能力によるものであろう。

しかし、まさにこの一件以来、(私の想像だが)安倍首相は、小池を党務に専念させることにしたようだ。表に出すのはよくない、何か起こすと面倒だ、という印象を、安倍首相に植え付けてしまったのだろう。
小池の経歴上、表に出て突然動く、というスタイルが、よいほうに転んだことはたくさんある。あとで党内からスタンドプレーだと言われても、結果的に、その行動が内外から評価され、既成事実として反論されにくい状況をつくったことも多い。
そしてそれらは、国益に寄与していた。

今回も、いかにも彼女らしい「現われ方」であった。
確かに自民党党員として、党内で党のために活躍はしているが、議員であるからには、表に出たいというのがホンネであろう。
といって、首相としては、党三役や、短期とはいえ防衛大臣まで務めた当選回数の多い議員を、党内下流の立場に置くこともできない。
さらに、安倍首相の複雑な心中もある。

それゆえ、小池としては、都知事選は、願ってもないチャンスと映ったに違いないのだ。
立候補表明したからには、当選するつもりだろう。
知名度や印象からすれば、当選圏内にいるだろう。

石原都知事以降、都知事選の候補者選びに、自民党は常に後手に回っている。そもそも、後ろ足で砂をかけて出て行った舛添を、公認にするのが誤りであった。しかし、当時は、舛添をおいて、自民党寄りの候補者で、勝てる人材がいなかったのも確かだ。
何もしなければ、サヨク弁護士・宇都宮健児が都知事になってしまっていた。

再三、固辞しつづける前総務事務次官・桜井俊に、自民党が候補を打診するとは噴飯ものだ。
記者が聞いても固辞するが、自民党が要請したら快諾するとでも思ったのだろうか。
しかも、桜井俊の役人としての人脈は、小池百合子のそれに遠く及ばない。そもそも当選はありえない。

小池百合子は、ひと昔前の言い方をすれば、明らかにタカ派である。
サヨクの有権者は賛同しないだろう。保守派の人間にも、距離を置く人が多い。
ただ、都知事は、東京都の行政を取りしきるのであって、外交課題・防衛課題は馴染まない。それは舛添のおこなったことからしても、都民の目は厳しい。

もうすぐ64歳になる小池としては、党内実務も大事だが、「表に出る」恰好の機会に違いない。
記者会見では、党の公認を得られなくても出るのか、という質問が繰り返された。
小池としては、さまざまな状況からして、党が公認を出さざるを得なくなるだろう、と読んでいるはずだ。

仮に公認されなくても出るだろう。そうなれば、党籍がありながら、党の名前を連呼しなくて済むだけに、かえって自由に遊説できるくらいに思っているに違いない。
党の爺さん議員よりは、したたかな女性である。

自民党東京都連も動きが遅い。小池の出馬表明が唐突だと言っているが、これはそのうち静かになる。これもホンネは、守屋と同じで、俺のほうに先に相談がない、女が防衛省の大臣?女が都知事?女が俺たちの上に立つ?といった程度のところだろう。小池は、少なくとも田中真紀子とは違う。
この程度だから、都議会議員に共産党が増えるのだ。

さて、前回は田母神俊雄に一票を入れたのだが、野党はもちろん、まわりに言われて出てくるような候補者には入れたくない。
ほかに有力な候補者がいなければ、小池を応援するほかない。一票を投じた候補者が当選してくれるのが、有権者としては最もうれしいものだ。

« 初めてのボクシング観戦 | トップページ | 都知事選、告示 (平成28年7月14日) »

保守愛国」カテゴリの記事