« 今年3月28日からのブログツイートの変化 (2015年10月7日) | トップページ | 高山祭~あらためて気付くことなど »

2015年10月11日 (日)

秋の高山祭

学生時代以来、秋の高山祭に行ってきた。
当時は友人の車で、白川郷などを含め駆け足で巡ったのだが、布袋台のからくり人形だけは、よく覚えていた。

秋の高山祭「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神、櫻山八幡宮の例祭だ。
屋台の曳き揃え、曳き廻し、宵祭が見どころだが、曳き廻しの時間は、前回行かなかった城山公園に登った。

城山公園からは、高山市街が一望できる。中橋、戎橋、柳橋、鍛冶橋が並んで見える場所があり、そこに行くのが目的だった。如意が丘という広場から見下ろせる。

高山祭は、少しでも雨の気配があると、平気で中止となる。今年の春の高山祭は、雨天で中止だった。
屋台に和紙などがふんだんに使われており、金めっきなどがほどこされ、人形、彫刻、車など貴重な文化財であり、雨に打たれるのを避けるのだ。

一週間くらい前から天気予報を気にしていたが、予報士がはしゃぐように解説していた台風も東にそれ、8日は東京も高山も快晴であった。

5月と違い、今回は富山経由で高山に入った。北陸新幹線に乗るためだ。
行きは「かがやき」に乗った。2時間15分ほどで富山に着いた。
乗り心地はよかった。通常の指定席でも、前後が広いと感じた。

高山祭は例年、曜日に関係なく、10月9日・10日に行われる。三泊したかったが、10日はどこもとれず、二泊で帰京した。10日は9日とほとんど同じメニューで、宵祭は9日しかやらない。9日だけでも充分とわかった。

ハイライトはやはり、その宵祭だ。山車それぞれに、100個以上の提灯をつけて、古い街並みなどを練り歩く。
山車が通るところには、6時前にすでに、たくさんの人垣ができていた。撮った写真をアルバムにしたが、やはり実物のほうが迫力もあり豪勢だ。

曳き揃えもみごとだった。
朝9時より、八幡宮の前に、一列に屋台が並ぶ。青空の下、屋台の装飾がみごとに映える。
中に狭い階段があって、笛吹き番の子供たちはそこから登っている。男衆の飲む酒も置いてあるのが見えた。
見ていて飽きが来ないものだ。

布袋台だけは、境内に設置されている。
これは、からくり奉納を行なうためだ。この瞬間を見るために、大勢の人が台の正面に端役から居座っている。これはかつて見たし、あまりの混雑ぶりに、パスした。

街中はゆったりと時間が過ぎていた。
宮川は変わらず、滔々と流れ、放流された鯉まで泳いでいる。

赤い中橋から、木製の不動橋まで、何回も往復した。
不動橋は、八幡宮の入口である宮前橋の隣の端だ。不動橋はロマンだ。

いつもの「かじ橋食堂」で、飛騨牛入り朴葉味噌定食を食べた。食事はこの店しか知らないが、ここがいちばん気楽に入れる。
話してみると、婆さんは90歳でおかみさんの祖母の世代、ひ孫の小学生以下三人が店内をうろちょろしている。
それでも、どのテーブルにも、花が置いてある心遣いがうれしい。

和風喫茶「かつて」は、着くなりすぐ寄った。ここは二階もあるが、いつも二階しか行かない。この店に寄ったら、二階を知るべきだ。一階だけで帰るのはもったいない。

夜はライトアップされているので、着いた8日の夜は、中橋や江名子川沿いを歩いた。
8日夜は風が吹いて、多少寒かったが、9日は全日気温が高めで、祭日和となったのは幸運だったと思う。

古い街並み、上三之町に、「小鳥屋」という店がある。おどりや、と読むそうだ。
反物や刺し子糸などを売っている。店員のいる側は畳敷きで、昔ながらの座売りの店だ。

表に『氷菓』のポスターがあったので中に入った。
男にはあまり縁のない品ばかりだったが、『氷菓』関連のグッズも置いてあった。

「氷菓」の話などしていたが、その和装の若い男性店員は、『氷菓』の舞台であり作者の出身校でもある、県立斐太高校の出身とのことだった。

いきなり、これどうぞ、と言って差し出したのが、物語のラストとなる生き雛祭の小さなポスターであった。千反田えると折木奉太郎が描かれている。漫画『氷菓』を描いているタスクオーナ氏の描き下ろしイラストだ。

貴重なものをもらった。
そこに並ぶグッズは、どれも5月にも買ったものばかりだが、またひととおり買ってしまった。

48430274_2180641284_208large



48430274_2180641278_22large


48430274_2180561074_253large

« 今年3月28日からのブログツイートの変化 (2015年10月7日) | トップページ | 高山祭~あらためて気付くことなど »

旅行・地域」カテゴリの記事