« 「潜在右翼」というありかた (2014年6月10日) | トップページ | 「予習シリーズ」に見る‘領土問題’ »

2014年6月11日 (水)

愛国高校生の作文に、サヨク教師が暴言コメント (2014年6月11日)

ツイッターで、愛国高校生のリストに入れている生徒が、数回にわたりツイートしていましたので、紹介します。

国語では、左翼系出版社・大修館書店の教科書を使っているそうです(フォト上)。そこには、韓国礼賛のエッセイが載っています(フォト中)。

あるとき、日本の文化について作文をする機会があったので、終わりのほうに愛国的な主張を書きました。
文字の誤りや作文のルールは、これから直していけばいいことです。

これに対し、教師がコメントを付けて返してきたそうです(フォト下)。

教師であるなら、もっと他のコメントのしかたがあるはずですが、これを見るかぎり、どう見ても組合教師としか思えません。

この教師は、ふだんから言葉遣いが悪く、ロッカーの上に座って、生徒を説教しているようです。

宮城県の生徒ですが、日本中にこんな教師が、恥も知らず教師づらをして生徒の前に立っているわけです。

やはり、日教組は日本の癌であると、再認識します。

Boscvpiiqaavgrf_3




Bpwaqo4cmaaddkw_3



Bpvvhvgccai7wd2_4

« 「潜在右翼」というありかた (2014年6月10日) | トップページ | 「予習シリーズ」に見る‘領土問題’ »

保守愛国」カテゴリの記事