« 映画 『刑事(デカ)』 | トップページ | 映画 『ロミオとジュリエット』 »

2013年11月29日 (金)

人種差別の実験動画から

たまたま見つけたのだが、下に引用した二本の動画は、差別に関する社会心理学の実験の映像だ。

日本では「理論」が優先しがちだが、予算も充分に取れるアメリカでは、「理論と実践」の両輪を学ぶべく、一般人を使ってのこんな社会実験までも、よく行われているようだ。
何しろ、ある港湾でカモメが繁殖して魚を食べてしまうということで、その対策を研究することになり、カモメをみな同性愛にするにはどうしたらよいか、という実験に、まともに予算を組む国柄である。

動画はいずれも、黒人差別を扱っている。
ひとつは、黒人女性がブティックに入ってくるが、白人の女性店員らから差別的な言葉を吐かれるというものだ。
もうひとつは、住宅街にある一戸建ての中古物件が舞台で、その中にいる不動産屋の婦人が、黒人らに差別的発言をするというものだ。

いかにも実験らしく、差別する側には、決まったようなフレーズしか出てこない。また、言葉もシンプルである。

解説にあるように、どちらも、すぐ隣のへやにスタッフが構えていて、それら差別的発言に対するまわりの人間の反応を観ている。
店員や一部の客は、すべて実験側の俳優やスタッフである。

黒人女性が国務長官になり、黒人男性が大統領になるような今の時代に、まだ黒人差別があるのか、と思うが、聞くところによれば、そういった差別は、いまだに根強く残っているらしい。

映画『野のユリ』で、シドニー・ポワチエが、黒人初のアカデミー男優賞を受賞したのは、1963年のことであった。キング牧師の名演説も同年のことであり、翌年ノーベル平和賞を授与されている。
こうした時代からさらに半世紀を経ているにもかかわらず、差別というものは、なかなか一掃されない。

それぞれの動画には、かかわりになりたくないからと見て見ぬふりをする者もあり、それが実際にはいちばん多いようだ。他方、少なからず、店員に抗議する者もいた。

差別されている人間の性別・年齢・話し方・外見などや、差別を目の当たりにする人間の性別・年齢・性格・話し方など、さらに、店内の雰囲気、場所の設定、曜日・日時などにより、いろいろな可能性があっただろう。

これらは、単なる実験の域を出ないが、極力、現実的なシチュエーションを作り出して実験しているからには、実際の現場でも、似たような現実を見ることができるのだろうと思う。

知らんふりをする人もいれば、抗議する人もいる。どちらがよいという問題でもない。こういう現実があり、黒人だからとそれだけで「差別」することがどういうことであるのか、他人同士のやりとりを目の当たりにして、あなたならどうしたでしょう?、というのがテーマだ。

あるコメントがある。
黒人問題を解決したければ、それに触れないことである、と。

先日、『区別と差別』という日記を書いてみたのだが、「触れない」ことが、差別一般に通じる「解決法」なのかもしれない。しかし、それだけで根本的に解決はできない。
触れないということは、口に出さず、態度につゆ表わさず、ということだろう。

根本的に解決できないから、なおのこと、触れないでおくのがよい、…こうした消極的な前進しか望めないのかもしれない。

余計なことを考えさせず、カルピスのトレードマークに、自然に黒人が使われて、誰も何も違和感をもたない、というのがいちばんよいのだろう。

それにしても、カルピスのビンに黒人が使われていたころ、少なくとも日本で、差別意識をもって見ていた人は多かっただろうか。……

あなたならどうする?~人種差別の実験~(字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=eM1odxhILnY
<externalvideo src="YT:eM1odxhILnY">

あなたらならどうする? ~人種差別・不動産屋編~ (字幕つき)
http://www.youtube.com/watch?v=xwfPvS-69qw
<externalvideo src="YT:xwfPvS-69qw">

ちなみに、以上の話と、「在日朝鮮人差別問題」とは、別である。
そもそも「問題」ではない。「問題」にしたい勢力があるだけである。
少なくとも日本人社会の日常生活において、「差別」があるわけでもない。

在日の人間は、たしかに中国や韓国からの帰化が多い。官報の記事を紹介もするが、帰化人であることだけをもって、差別などするつもりはない。

ただ、これだけは言える。
反日・売国勢力があるからには、いかなる攻撃をするのもやむを得ないだろう。そこに差別的表現が入ってもいたしかたない。

一定の時と所において、反日・売国の人間を、そのことをもって攻撃することに対し、その表現に使われた用語だけを取り上げて、ヘイトスピーチだとあげつらうのは、いかにも本末転倒であり次元の低い話だ。

もし、言葉の一部がヘイトスピーチに当たるとしても、愛国者の主張の次元はそのような軽薄なものだけでは終わらない。

在日朝鮮人であろうと日本人であろうと、反日・売国勢力を、ヘイトスピーチなどに依存することなく、信念をもって、私は差別する。

« 映画 『刑事(デカ)』 | トップページ | 映画 『ロミオとジュリエット』 »

保守愛国」カテゴリの記事