« 牛鮭定食 | トップページ | 体制批判イコール左翼とは限らない »

2013年5月29日 (水)

映画『スピード』

監督:ヤン・デ・ボン、脚本:グレアム・ヨスト、音楽:マーク・マンシーナ、主演:キアヌ・リーヴス、デニス・ホッパー、サンドラ・ブロック、1994年、115分、原題:SPEED

映画ファンのみならず、広く人口に膾炙した映画だ。
身代金を奪うために路線バスに爆弾をしかけた犯人と、そのバスに乗り込んだスワット警官との対決を、スリリングに描いたノンストップアクション映画だ。

俗に、アメリカ映画には、カーチェイス・爆発・セックスという3つの定番シーンがある。人目を引くのに欠かせないシーンである。
この映画にはセックスシーンはないが、チューのシーンはラストに用意されている。
危機的状態で知り合った男女の仲は長続きしない、などと唐突なセリフが出てくるのも、ラストに向けての伏線である。

高尚なテーマがあるわけでもないかわりに、万人に共通のシンプルな要素に徹して、ここまで徹底的にアクションにこだわると、かえってその特化のしかたに感嘆する。
次々にハラハラする要素を連続させ、手に汗握るシーンをイヤミなく連続させ、興行的にも大成功した。

アクションは、他の映画より、さらに捨てるフィルムが多い。カネをかけて長回しで撮っても、編集の際にには、そのほんの一部のカットだけが使われ、それをつないで出来上がるのだ。
特に、モノが主役の映画ではなおさらだ。同じ型のバスも10数台用意されたと聞く。

ストーリーは単純であるが、メインの舞台がバスというのも変わっている。列車や飛行機の乗っ取りはよく使われるが、バスというのはあまりない。
この映画は、かつてレビューした日本の『新幹線大爆破』をモチーフにしたとされている。一定の時速以上を維持しないと爆破するというアイデアは、それまでの爆弾脅迫映画にはなかった逆転の発想だ。
出来てしまえば、どちらもそれなりの国柄が現われているところが興味深い。

本題に入る前、エレベーターでの騒ぎがあり、そのステップがあるために、バスの一連のシーンが締まってくる。終わりには地下鉄の暴走まであり、最初から最後まで、サービス精神旺盛な映画だ。

ヤン・デ・ボンは『氷の微笑』でも撮影監督をしている。カーチェイスのシーンは、あそこだけ見てもかなりきわどい撮影だ。これまでのこうした経験が、カメラにフルに生かされている。

突っ込みどころもないわけではない。
身代金をゴミ箱から奪う寸前、救急車から降りたアニー(サンドラ・ブロック)がハワード(デニス・ホッパー)に騙されて連れて行かれるなど、ストーリーつなぎとしか思えない。第一、ジャック(キアヌ・リーヴス)とアニーという二人のケガ人を載せた救急車が、なぜそのまま身代金受け渡し現場にいなければならないのか、ジャックはともかくもアニーは病院へ急行されるのではないのか…

しかし、それを感じさせるヒマもないほど、緊迫した展開で、ラストまで運んでくれるのだ。

これだけの事件を起こしたサイコ野郎には、それにふさわしい死がなければならない。そこが中途半端であれば、映画のなかでのバランスを欠く。
案の定、このイカれた犯人には、ストーリーにふさわし死に方が用意されていた。

こういう映画を観ると、モノを使ったアクションは、アメリカ映画にかなわないと再認識させられる。カネもかかっているし、見たこともないような車輌も登場する。映画のエンタメ性は余りあるほどだ。

それでも、あえて比較するなら、『新幹線大爆破』のほうに軍配を上げたい。
『スピード』に人間性の表現などを要求するのは無理というものだが、邦画はアクションといえども、そこに人間そのものや、のっぴきならない人間の関係というものまで必ず描かれる。時として、社会的背景まで盛り込まれることも多い。

邦画には、派手さはなくても、どこかに美意識を見るのだ。そこが、野蛮で利己的な爆弾の国と、忍ぶことを知る誇り高き刀の国との違いなのだろう。

« 牛鮭定食 | トップページ | 体制批判イコール左翼とは限らない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791668/51829351

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『スピード』:

« 牛鮭定食 | トップページ | 体制批判イコール左翼とは限らない »