« 映画『県警対組織暴力』 | トップページ | 牛鮭定食 »

2013年5月28日 (火)

映画『家族ゲーム』

監督・脚本:森田芳光、原作:本間洋平、主演:松田優作、宮川一朗太、伊丹十三、由紀さおり、辻田順一、1983年、106分。配給:ATG、製作:ATG、にっかつ撮影所など。

沼田茂之(宮川一朗太)は、父(伊丹十三)、母(由紀さおり)、兄・慎一(辻田順一)との四人家族で、港の淵にある高層団地に住んでいる中学三年生。高校受験に向けて成績が上がらず、父は家庭教師を頼むことにする。

沼田家に来たのは、三流大学に七年在籍している吉本(松田優作)という男であった。……

森田芳光を有名にした映画であり、伊丹十三がまだ俳優として活躍している。
ATG作品らしいこじんまりとしたつくりとなっているはいる。家族の家はいかにも団地にあるような広さと間取りであり、その大きさがそのままストーリーのサイズとして、功を奏している。

この映画の特徴は、ブラックユーモアなど滑稽なセリフややりとりのおもしろさ・おかしさ・支離滅裂さで、さらには、家族四人が横に並んで食べる長い食卓、ボートに乗って沼田家に来る吉本など、設定もおかしい。

まさにその長いテーブルで、最後には吉本を加え、五人がジュウシマツのように犇(ひしめ)いて食事をとるようすもおかしい。ここは長回しワンシーンで、最後にはカオス状態になってしまう。

当時、ウォシュレットが新製品となったころで、そのCMに出ていた戸川純が、トイレットペーパーをかかえて由紀さおりと挨拶するあたりもおかしい。

受験に向け、茂之の成績は徐々に上がり、みごとに難関校に受かるが、学校でのクラスメイトとのやりとりやいじめ、兄・慎一のエピソードなどにも話が及ぶ。そこを、あまりネチネチ言葉で語らせず、カットをつないでわからせるというのも斬新であった。

森田は自身の映画づくりのスタンスについて、何を描いたのかではなく、どう描いたかが大事だ、と言っているように、受験生をもつ家庭の日常を、その日常からわずかに脱線させてストーリーやシーンを組み合わせ、話や映像、演出が、微妙なバランスをとりながら成り立った作品である。

日本映画には喜劇の歴史もある。その喜劇性は、とっくに消え去ってしまった。笑いが堂々とした明朗なものから、斜(はす)に構えた陰険なものにまで、広がりをもったからだろう。

笑いをテーマとする映画制作に取り組む人々がいることは頼もしいのだが、単純明快にして滑稽な趣をもった作品には、なかなか出会わない。

そういう意味では、この映画や伊丹十三がこの後つくる『お葬式』『マルサの女』などは、一定の評価を受けたが、その後これらに続く作品群はないようだ。

仮に類似の作品があったとしても、観ていて少しも、おもしろくもおかしくもないのである。

映画監督が若くなるにつれ、妙に優等生だったりサラリーマンだったりで、おかしみ・滑稽さ・ユーモアといったものにまで追い付けていないのかもしれない。もちろんそれは、サスペンスなどを作るより、はるかに難題だ。

Img_1527526_53406375_0

Kazoku_game



« 映画『県警対組織暴力』 | トップページ | 牛鮭定食 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791668/51802137

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『家族ゲーム』:

« 映画『県警対組織暴力』 | トップページ | 牛鮭定食 »